スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
けんすいができるようになってました、
あたりには、秋の訪れを感じさせるニヤッとさせてしまう空気。

何かに縛られて生活するのはかなり息苦しいモンです。
実は、私はここ半年近く結構人生の岐路に立たされていたと思います。ハタチを過ぎて、いっちょまえに思春期しておりました。

色々かなり考えた。色々かなり悩んだ。
あんまりよくない出来事があったときに、とにかく最悪の結果を想像してビビってたり。
思っていた正義は、他人に思いも寄らぬ重荷にしていたり。

勝手に落ちるのも私自身、這い上がらなきゃあいけないのも私自身で。
そうわかっていても、助けてくれ、と胸の中で叫んでたのかなぁ。
とにかく、無理矢理トランスして暴れるか、スカして周りをシャットダウンするかしかしてなかった。

正直、いなくなっちゃいたいな、なんかドロップアウトしたいな、とか思った。切り詰めれば自殺、これからもヤなことあるんだったら手だな、なんて最低なことも。 本当に何を気取ってんだ、て感じ。

最近気付いて実現したいこと。後ろ向きになって、思い出す事柄に縛られないこと。毎日起こる色んなことを精一杯見つめてゆくこと。好きな人間を思いやること。

色々私の頭をどろどろにし、今でもこびり付いてる悩みの答えなんて見つからない。酸いも甘いも積み重なって今がある。
ずぅっとそうだろう。


ハイ、ガキみたいに悩み過ぎたんでそろそろ終わりにしやしょう。吐き出すことも必要なんでね。
人の幸せを素直に喜びたいし、卑屈にならずに余計な巻き添えなしに普通に情愛忘れずに過ごしたいだけなのよね。

最後の記事です。 そのつど目を通してくれてた読者の方、どうも感謝ですね。 1人の男のつまづきを、何かの参考にしてもらえればこれ幸いなり。
最近、実体験を通しての言葉の重みというものを学びました。ちょっとフッ切れたきっかけでもあります。

では、ごきげんよう。
スポンサーサイト
【2005/09/17 05:45】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
夜明けを待つ海
京都で清水寺、祇園のゆるり2号店から寺、小路巡りをした。

夜の黒い瀬戸内海を横断する船の甲板、なかなかの天然プラネタリウム。ペガスス座の四角形を、一筋の星屑が横切った。願いがかないますように。

8年ぶりの愛媛。今治港前の自販で買ったタバコは臭い、紙にもヤニがこびりついた様になり黄色い。  交換せぇや。

なぜ岡山のきびだんごを買うのを忘れたのか。

最近何となしに中越典子が好き。

神戸、三宮から異人館巡りなどなど。修学旅行生とチャイだけ。神戸大行きたいな、岡本、摂津本山、住みたいれす、昔のよーに。
パンがおいしかったね~

美しいオネーチャン遭遇密度の濃ゆい過程でもあたよ。

永い路を往く私が彼女に出会う日はいつなのでしょーか。とても光に満ち溢れた日になるかしら。 かなり無駄にロマン膨らまします。
ま、一生独り身ってことはないだろて、おそらくは。

がんばりや~


不幸があり。何年も会ってない、変な関係の人だったけども、なんか考えると結構ツライ。生き残ったモンの勝手な都合やけんども、最後元気なうちに一度話したかった気がする。


神様ー、ボクもっと輝きたいですぅ。酸化する一方です。

嵐のようなひとになりたいと思います。  ごおぉ、
【2005/09/15 05:20】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
彷徨
下戸に泣き上戸の私。少しでも酒が入ってるところになんかあると速攻で泣きます。

シラフではいい映画とか見たらちょぴーりクスンとするくらいで、涙を流した事を思い出せるのはこと片手で足りるかなと。

とりわけ何かを頑張って生きているわけでない今、何かを見つめて汗をかかにゃあと思うの。

どんなに楽しいことがあっても、嬉しいことがあっても、ウンコたれの私は淋しくて、涙を足元からこれでもかというくらい積み重ねてやりたいなんて思う。

少なくとも自分に納得して歩んでなきゃあ、世の偉人たちに顔向けできんやぁ。

遠く生まれてここまで辿り着き、静かに強く、私を波打つように貫く夜の風たちよ、いっそどこまでもこの身連れ去っておくれ。

ここでそそるシチュエーションを。

女性が風邪をひいてるとき、「移しちゃうからキスはダメ」、「移して治しゃあいいよ」なんていいます。 甘い。
そこは、油断した瞬間唇を奪い、そっと一言   「うつすなよ」

そろそろこのページも閉じたいと思います。見てくれてた方、ありがとうございます、ごきげんよう。
【2005/09/08 04:46】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
さっき書いたいきおいで

たった今、寝ようとがんばってたら、声が聞こえました。

「○○○ー」

私の下の名前を、女性の声で、普通に話しかけるように。
間違いなく幻聴だと。

私、クスリや葉っぱ、常習してません。

神様、お使いですか? かわいい天使さんにして下さい、道中私と付き合ってください。 天国ってどの辺ですかね? 名古屋より遠いですか?
【2005/09/05 05:42】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
魚が食べたい。
なーんもすることがない。

ふと思うこと。余韻に浸ってみる。
サークルではいい経験をしました。真面目に取り組むこと、レクリエーションなこと、終わった今多角的に考えられるようになったと思います。
自身、さんざん迷惑かけたと思うけど、私なりに暗躍できたとも思います。
経験したこと、大いにこれから役立てることができると。私の青春になりました。

久々に従姉のアユちゃんに会いました。アユちゃんは3つ上のある業界のデザイナーさんです。小さい頃からカワいかったです。
小さい頃バアちゃんの家で、母方のイトコ9人で集まれた時をとても楽しかったと記憶しています。またいつかそうなればと、唯一の同い年のメグちゃんを始め、結構みんな言っております。みんな忙しいので、多分バアちゃんの通夜になると思います。でもしぶとい血筋なので、あと20年はなさそうです。

東京にいる意味がありません。ただお金を浪費するだけでしょう。こっちにきてからも浜松の友達とたまに遊び、普段遊ぶような友達を上京してからろくにつくらずにここまできたので。 旧知の友も、やれ就職が何だのと、卒業が何だのと、彼女が何だのと、何やら私よりは忙しそうです。隣の芝生が青く見えます、現に青いです。
彼女がいません。そろそろイナイ暦1年を迎えます。 誉れです。
明石屋さんまさん並に妄想にふけってます。携帯の…もういいです。

出かけます。右足が痛いのでどこに行っても楽しくなさそうです。
でも行きます。
私といえば、こんな感じでしょう。元気に、笑って過ごせればなと思いますね。
【2005/09/05 04:43】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
頂上(a top)
サークルの現役生活を引退しました。
最終戦。 前半はリズムはこちらだったけど, ディフェンスのミスや相手のシュートも入り、意外に競った内容で。私は前半終わる直前で右足首捻挫しちゃってあとはずうーーっとベンチで見てました。結構痛かったのです。 後半もたつきながらも最後は流れをつかみ、勝ちました。 最後に、勝って終わりました。

思えば不純な動機で入ったサークルですた。1年の年明けには同学年のメンバーも固まり仲良くやりました。自分らの代になって役に就いた人間は以前よりピリピリするようになりました。
みんなでたくさんバスケのことや、サークル運営、色々なことを話したと思います。ひとつひとつのことを思い出すのは忘れているのでできないのだけど、あぁ、こんな風に我々はゴールしたんだなぁと。

年内はとにかく早く借金返済生活です。 お金、返します。 

バスケットの自分が主体でやってるところでこんなに同い年のメンバーに恵まれたの初めてだたよ。色んな意味でね。ま、楽しかったということだね。最後、リタイアしたんだけど。
サークルで出会った全てのみんなにありがと~。引退したみんな、お疲れ、ありがとう。

ぐっぶぁ~い。
【2005/09/04 20:52】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
滝壺(a basin of a waterfall)
3戦。 辛勝。

4戦。 完敗。

で、ちょっくら帰浜していつものツレとキャンプに。みんながみんな色々やってくれまくって申し訳なかった。酒が入ったり、車中でだったり寝まくってた。
お揃いで、全員男は縁が色違いの白のタンクトップを着用。我々にとってドラクエで言えば天空シリーズくらいフォーマルなのです。
そして人生で初めて大勢に誕生日を、2日フライングだが祝ってもらった、それこそサプライズ的に。もらったtoo largeなバースデーカード、星のキャンドル立て、謎のケーキ。ありがとうございました。

taki.jpg


素晴らしい自然に囲まれた場所でバーベキュー、アスレチクー、下らないギャグ、何度話したかわからない思い出話、快適だった。同時に奴らを凄い奴らだとも思った。

東京に戻り。
5戦。 辛勝。

もらったものはビールだけだったけど、ありがとうございました。
ここ数日間に会い、少なからず祝ってくれた皆さん、ありがとう。22歳になりました。

世の中の人々が誕生日を祝って欲しいという気持ちが始めてわかった。私が今年とても嬉しかったのでね。

ここで実家で母親と観た映画。
The Deep End of the Ocean
いや、いいですよ。時折感じられる季節感がまたいい。あらすじなんかは言いません。是非どうぞ。

さようなら、暖かくも淋しく過ぎた私の21歳。

こんちわ、夕暮れの秋風の匂いとともに訪れた私の22歳。

ちょっと人に迷惑かけるの少なくしてって心掛けてこう。寒くなっていく季節、これからも大胆に、さりげなくカッコつけてってやろう。
【2005/09/01 01:07】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。