スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
眠い
春分点を過ぎたのだ。こんな時間でももう明るい。

昨晩はトリプルブッキングをほったらかしにして働くの。

なんか昔から、ずっと暇な中のたまにあるイベントは重なる。ツイてないって言えるでしょね。

多分私は友達がいる割には、1人でいる時間が長い。
陰のある人間でしょう。もともとは一匹狼。

色々と帰るところはあるの。場所、コミュニティ、たま~に恋。

真の旅人ではないけれど、柴又に帰る寅さんのような。

まぁ何を言いたいのかわかんないけど、普通にそれは淋しい生き方なのだ。オイシイとこどりを求めるのはあまり上手くいかない。
そんな性を捨てちまいたいとは思わないのだ。正直に過ごすわ。

新しい方へ進む友人各人様、おめでとうございます。

私は、寝ます。 私は、自分を幸せな人間だと思います。
スポンサーサイト
【2006/03/25 06:24】 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
<<春の町角、かぐわしい匂いを嗅ぎながら | ホーム | サヴェジ・ガーデン作戦(中庭へ向かえ!) の巻>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。