スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
10月半分終わった…、何もない。
意外と研究者気質かもしれない。
1人で少なくとも先の見える勉強を進めるのは悪くない、もとい、正直、楽しい。

部屋を掃除したいのだが。
それこそ少なくとも使う場所はきれいにして、使わなくなって追いやったもの達もそれなりにまとめてやりたい。
ヤンジャンの最近始まったイケる漫画の中で、派遣(デリバリー)メイド掃除があったから頼んでみようかな。

休業期間、もしくは土曜の我がキャンパスが好きです。違いは人がとても少ない、だから平日でも主要な授業が終わった以降の夜も好き。
この年にもなると、知らない顔した奴はだいたい嫌いで、知ってる奴がもうキャンパスにはいない。
ちょっと前までいつもペンを動かしていた自習室で空いてる教室で、他にすることがないので勉強している。

昨夕、新宿で乗り換えるべく電車を降りるボク。
それと入れ替えに電車に乗り込むアナタ。
…一発でそうだとわかった、そう、美しいと。
深めのブルーの映える白い肌、きらびやか過ぎない瞳、162センチほどの背丈。
もうちょっとホームで立ち止まって見ていたかったが、ガマンして踵をかえしたよ。
いいね、その目立たない超一流の美貌。 ごまかせないぜ、俺ほどにもなるとな。
さよならだ、ぜ。

日々の生活から得るものというのはとてもたくさんあるわけです。
「勉強させてもらってるなぁ」、と感じることがここ2年くらい多い。収穫量の差というものがあるとは思わないが、要するに私自身のものの見方が変わってるのだろうなと思う。
まだ社会人にならないので、こういったことで学生のうちにはなるべくね、と思ったりする。
全然思わなかったりする。

シャレた都会の中で、中秋ということもあり、軽く立ち枯れた大きい木に出くわしました。
寂しさに調味料をつけてひたろうと、その木を見上げ風を感じていました。
あぁ、俺って、毎日淋しいなぁ~…

変な目で見られてる気がしたので割と早く切り上げました。
スポンサーサイト
【2006/10/15 04:48】 | 未分類 | コメント(1) | page top↑
<<神はサイコロを振らない | ホーム | 眠れる森の堕夫>>
コメント
v-40個人情報?v-40
んなもん知らんわいや。
舟買ったら旅に連れてってねv-238
【2006/10/28 16:57】 URL | BOBの相方 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。