スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
2日目 前半
おきたら12時ちょいすぎ。乗る電車は秋田駅8時半過ぎ。

おいおい、やっちまったか。とりあえず起こしてくれと電話をしていたコ君のせいにして電話してやる。コ君によると、私に確かに指定した時間に電話をしてくれたらしく、なるほど着信も来ていた。覚えていない、更にきまりの悪いことにその時私は、「あ、寝てた」と訳のわからんことを言い放ったとのこと。だから起こしてもらったのに。

まあいいや、秋田から上に行くのは諦めて、とりあえず東へ、岩手は盛岡に向かうことにした。結果、親父に勧められてて、行く予定に入れられなかった角館に行ける事になったし、いっか。

秋田から何事も経験と、電車好きの私は別料金を払って秋田新幹線「こまち」に乗ることにした。昼飯は駅弁! うまいですな。

いや、角館、よかったよ。小雨が在るようで無いのも、風情があってね。武家屋敷が立ち並ぶそこできりたんぽを買って食うのよ。
なるほど「みちのくの小京都」、言うだけはある。
盛岡を目指そうと、角館駅に戻ると、テレビでやってた関口宏の息子のJR前線制覇のパーティに出会う。こんなところで遭遇するなんて。
売店のお姉ちゃん、カワイかったのだが多少色黒だった。
秋田に入ってから見かけた美女たちは不思議と色が黒い。
何故だ。

霞がかった紅葉の出だし、谷、川、えがったっぺ。

盛岡ー、盛岡ー。

私の切ない旅は、赴くままに、流れてく
スポンサーサイト
【2005/12/24 02:03】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<幼稚園がカトリックでした。 | ホーム | ヤな奴、ヤな奴、ヤな奴!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://voyager6.blog12.fc2.com/tb.php/57-6c82e66e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。